コースター

   先日 紹介したストールと

   同じ布使いで コースターを作成


   先日のキルト芯入りマットと 

   重複する点もありますが

   ふぉるまの作り方を ご紹介~



画像





   表布と裏布を サイズに裁断して

   縫い合わせますが

   私は しるし付けをしません

   小物だけでなく 洋服もほとんど しるし付けナシで縫います


画像



   押さえ金の幅 送り歯付近のガイドラインなどを頼りに

   ミシンをかけます


   目線は 針の落ちるところではなく 

   布端やガイドラインです



   直線ミシンが歪んじゃう方へ(*^_^*)

     目線の位置を変えるだけで

     ミシン目が真っすぐになります


画像




   コースターやランチョンマットなどは

   3辺を コの字に縫います



   まずは ミシン目にアイロンがけ



   次に ミシン目より 気持ち内側を折って

   アイロンがけ

   角は 綺麗にたたみます


画像



   
   さて 目打ちを角に当てて

   ひっくり返すと・・・

画像



   これくらいの厚みの布ならば

   簡単に角ができます


画像



   表から アイロンをかけて

   開いている 1辺をでき上がりに 折り込み

   一周 ミシンステッチをかけて

   完成~


画像





   というわけで。。。

   ストールのご注文 ありがとうございました

   共布のコースターを添えて

   お届けしました


画像





   ブロ友のHERBさんから教えていただいた

   美味しい情報  「カステラ&ゆず」


   スーパーでスポンジのカットを 見つけたので
    ・・・カステラと近い(^^)

   ゆずペーストを添えて 

   紅茶といただきました

画像


      

   愛媛の銘菓 一六タルトを彷彿とする

   味わい


   独身の頃 愛媛出身の上司の下に

   勤めていました

   世間知らずの 学校を出たばかりの私を 育ててくれた

   厳しい母の様な上司です
 

   帰省されるたびに 幾度となくいただいた 一六タルト   
   


   思いがけず 懐かしの味。。。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年02月22日 09:33
ヤッター 第一回ふぉるま講座受けちゃった。
先生ハンコ頂戴~。
わかりやすいがそうできるとは限らない(目線のあたりがよくわからない)次回お願いします。とにかく一回作ってみますね。
2013年02月22日 12:11
こんにちは。

コースターの作り方、とても解りやすかったです。
アイロンと目線がみそですね~


カステラとゆずペーストで一六のタルトになるんですか?
早速試してみます。
あのタルトは、私も大好きなんですよ~
ふぉるま
2013年02月22日 14:27
pass子さんへ
はい♪ ハンコ

素晴らしいバッグを製作のpass子さんなので 講座なくとも難なく作られると思うのですが・・・

ミシン目が曲がってしまう人にありがちなことは 縫う時に針が落ちるところをずっと見ていることです
縫い代1センチにしたとすると 画像の様に 布端と押さえ金の端が揃うか もしくは平行になります
平行を保ちながら縫えば縫い目は真っすぐですが 針先を見ながらだと曲がっても気がつかない・・・
被服科実習で多くの学生さんを見た中では こういった傾向がありました
目線のとらえる先が違うだけで 仕上がりが違います
目線の件 いかがでしょうか(*^_^*)
コースターの完成を楽しみにしています~
ふぉるま
2013年02月22日 14:39
hiroさんへ
ありがとうございます~
そうで~す
きせをかけると言いますが 余裕を持たせて縫い代を折ることで表に返した時に綺麗なラインとなります

カステラ地+ゆずは 一六タルトです~
餡子がないけど 口にしてすぐに思い出しましたから hiroさんも是非
2013年02月22日 14:41
印付けなしで縫うなんて凄いですねぇ。
コースター、少ない生地で出来ますし
余り生地で私も作ってみま~す。
ふぉるま
2013年02月22日 17:26
ヒメさんへ
たくさん作っているうちに しるしをつけて外す時間が勿体なくなりました
裁断する時に縫い代をきっちり揃えていれば しるしなしでも縫えます♪
是非 作ってみてください~
2013年02月22日 21:13
実は、前回のキルト芯入りマットの記事を見て、私もコースターを作ったばかりだったんですよ
今まで、裏布が見えないように必死こいてアイロンかけてたのがウソのように綺麗に形が整ってビックリしました
ふぉるま講座、これからもよろしくお願いします
縫い代、以前はチャコペとルレットでゴロゴロやってましたが、私もいつの間にか付けなくなりました。
たまに、何センチ縫い代付けたか忘れちゃいますが

数年前、主人の転勤で愛媛の松山に住んでたので、一六タルト懐かしいです
昔を思い出しちゃう味ってありますよね
ふぉるま
2013年02月22日 23:00
じゅんじゅんさんへ
記事を見て作ってくれたのですか 嬉しいです
綺麗に出来たとは♪ これまた嬉しい!!
簡単にできるものでも綺麗に仕上げるコツがありますから また何か紹介しますね
チャコペーパー&ルレットのしるしつけは洗濯すれば落ちますが 色の薄い布は表まで見えちゃいますものね
作品を販売することが増えてから使わなくなりました

松山にお住まいでしたか(*^_^*)
良い所でしょう
私は九州から近いのに四国に行ったことがないのです
でも美味しいものは色々いただきました
懐かしい味 舌が覚えているんですね
2013年02月23日 13:33
独身だった頃一念発起して、母のミシンを
借り2歳になる姉の娘にワンピースを
作ったことがありました。
ちゃんと針を見ていたのに縫い目が歪んで
ジグザグに・・・
あれはこういうことだったのですね。
なるほどです!!

一六タルトをお土産で頂いたのはもう
ずいぶんまえになります。
昔が懐かしいです。
最近は綺麗な模様の個包装の箱入りを
お土産に頂くことが多くなってきました。
2013年02月23日 13:54
ミシン苦手な私にも、分りやすい解説です!!!!
こういった当たり前?のことが、私には分らなくって・・・
有難いです~

大人になってから、ゆずが大好きになりましたが・・・
ゆずってほんと、ナイスな食材ですよね
ふぉるま
2013年02月23日 20:08
テンプルさんへ
ワンピースとは凄いじゃないですか!!
2歳児用だったら縫っていても可愛かったでしょう
縫い目が歪む。。。肩に力が入りすぎたり 布を引っ張っていたり(手を添えるだけで布は進むので)と他にも原因はありそうですが 目線がまず一番かと私は思います♪

一六タルト 個包装があるんですか
それは良いですよね
一本だとつい食べ過ぎちゃいます
若い頃の話なので良いのですが 今なら是非 個包装で
ふぉるま
2013年02月23日 20:14
yuさんへ
当たり前ではないと思います♪
コースターなどの作り方って学校では習わないですもの
いろんな作り方があると思いますが フォルマ風ってことで

そうそう 大人になってからですよね
私は茄子もそうです
茄子の味噌炒めなんて 色を見ただけでげんなりしてましたけど 今は美味しくってたまりません
2013年02月23日 23:25
先のコメントの補足です。
ワンピースといっても本格的なものではなく肩紐タイプ(お袖なんて無理です)でざっくり着る、しかも夏用のルーズなものなんです。
唯一頑張ったのはフリル部分だけという極めてアバウトな(>_<)…

それと個包装は一六タルトのことではなく昨今のお土産物全般を指したことばでした。
既にご承知おきのことと存じますがそれこそコメント全般に言葉足らず、文才無し、駄文街道まっしぐらな私です(恥)
このコメントも「補足」ではなく「訂正」とすべきかも…(。_。)゛
ふぉるま
2013年02月24日 00:11
テンプルさんへ
いえいえ 小物でなくてお洋服を作られたことが凄いです
フリルも付いていたなんて♪
肩ひもタイプですか 可愛いですね
私も女の子の服をいっぱい作りたかったです

テンプル家からはいつも食べ物の匂いがします♪
一六タルトは昔でもお菓子は絶えずあるのでしょ。。。
何をおっしゃいますやら!!
私の拙い文章から色んな事を読み取ってくださるテンプルさんです
私の勘違い(読み違い)も再訪問へのお導きだと嬉しく思います
ありがとうございます(*^_^*)
2013年02月24日 01:04
すごく詳しく書かれていて、裁縫が苦手な私にも分かりやすかったです。
有り難うございます。
ポイントは目線ですね。
覚えているうちに挑戦したいと思います!(^^)!
ふぉるま
2013年02月24日 08:21
苺ママさんへ
あんなに細かな手づくりをされる苺ママさんったら お裁縫なんてチョチョッと出来ちゃいますよ
この記事で分かってもらえれば嬉しいです

ミシンをかける時は一点を集中してみるのではなく 遠くから見る感じで♪
コースター 歪んで出来ても手づくりの良さがありますから 気にしなくて良いんですけどね
2013年02月24日 17:10
こんにちは~♪

ふぉるま先生へ 
とってもわかりやすい説明 お写真 

お洋服も印なしなのですね
ガイドラインに沿ってミシンをかけるのは
実践してました。
裁縫苦手な者の克服の仕方だけは、早いのです(笑)

一六タルトお土産で頂いた事があります。
さっそく試してみますね。
美味しいスイーツの話は、即実行ですものねぇ♪
ふぉるま
2013年02月24日 23:32
keikoさんへ
コースターは いくつあっても良いものなので簡単に作れれば嬉しいですよね♪

しるしつけに時間をとられるのが勿体なくて。。。
その代わり裁断する際 縫い代はきっちり揃えます

素晴らしい
ガイドラインと布端を揃えて縫えば真っすぐ縫えますからね~
keikoさん 苦手じゃないと思います

お手軽に一六タルトのお味でしたよ
スイーツは 即実行ですね
2013年02月25日 17:00
コースターの角…気になりますものね
丸いカーブのコースターなら良いのですが
角はきちんと仕上げたい! 
ふぉるまさんのワンポイントレッスン!参考になります
しるしを付けないでミシン!私も同じ!
線の上をミシンで走る方が難しく感じます

カステラ&柚子
懐かしい味で好きですが…一六タルト!なるほど!
そう!紅茶に合うんです!
ふぉるま
2013年02月25日 20:38
HERBさんへ
角 綺麗にできると気持ち良いですよね
丸いカーブも なかなか難しいです。。。
昔は縫い代をぐし縫いしたりしてました
今はアイロン使いで何とか
確かに♪線の上を縫う方が難しいかもしれませんね

カステラ&柚子
とても美味しかったです~
アールグレイでいただきました

ありがとうございました